沖縄の木造住宅建築の坪単価は?

木造住宅坪単価沖縄の木造住宅について

沖縄県内で木造住宅の建築を検討している方で、一番気になるのは『建築費用』ですね。建築会社やハウスメーカーさんの規格住宅のように『本体価格』を提示していれば建築費用も分かり易いのですが、注文住宅の場合はお客様のご希望や立地などにより建築費用が変わるため、建築費用の参考なるのが『坪単価』になります。ここでは、木造住宅を建築するために知っておくべき坪単価について説明します。

木造住宅の一般的な坪単価とは

坪単価とは、

《本体工事費用÷工事面積=坪単価》として算出しています。

仮に30坪の木造住宅で本体工事費2000万円の坪単価は67万円となります。

坪単価=建築総費用ではない

坪単価の表示は本体工事費用となっており、あくまでも家本体のみの費用です。そのため、家を建てるためには付帯工事費や諸経費が別途かかります。

付帯工事費とは建て替えの解体工事費用や測量・地盤調査費用、地盤改良工事や基礎補強工事、造成工事、外構工事など工事費用がかかります。

諸経費とは確認申請・竣工検査料、印紙税などの費用もかかります。また、これらの費用に消費税が内税か外税によっても総費用は変わります。

ちゅらきやホームでは、一般的なグレードの木造住宅で、建物・犬走等、設計確認申請費用込みで坪単価 65万前後(税込み)で建築しております。

坪単価の出し方は各社バラバラ

坪単価の算出方法は会社によって違います。本体工事費用のみで計算されている会社もあれば、付帯工事も含む会社もあります。本体価格にクーラーの設置費用が含まれるか、含まれないか、工事面積が「延床面積」か「施工面積」で坪単価は変わります。

一概に『坪単価が安いから、安く建築できる』という訳ではありません。坪単価のみでの建築会社を選ぶのは注意が必要です。

ホームページの坪単価で建築できるのは中級グレート

木造の注文住宅で坪単価の価格は、『会社の一般的な仕様で建築できる中級クラスの住宅』だと思っててください。あくまでも中級クラスの建築単価のため、お客様希望による間取りの変更や設備のグレードアップがあれば建築費用は上がります。設備グレードを下げればコストカットできる場合もありますが、坪単価以下で建築を希望するのはあまりオススメしません。

ハウスメーカーの場合、基本的な建築費用は安く設定していますがオプション料金や本契約後の追加工事などは費用が高くなりますので注意しましょう。

坪単価で検討する前に建築会社の標準仕様を確認すること

坪単価で建築会社を選ぶ前に、建築会社の標準仕様について調べましょう。標準仕様とは建築会社が提供する住宅設備のことで、窓やドアのその他建材にキッチンやトイレ、お風呂場などの水回り設備についてです。

ローコスト住宅の場合、安価な建材で建てられており、設備も安価のものを導入しています。坪単価が高い場合は、設備の仕様も高くなっているため、トイレはタンクレスのものや、自動で開閉洗浄ができるタイプが導入されていたり、キッチンにはIHクッキングヒーターが入っている場合もあります。

各建築会社の仕様を知って坪単価を比べる方が、どの建築会社で建てたら良いか分かります。

坪単価に影響するのは、住みやすさより見た目

坪単価に大きく影響するのは、家の外観の形です。屋根の大きさや基礎の大きさによって費用が変わるため、同じ延床面積の2階建てと平屋では、平屋の方が建築費用は高くなります。また、外観のデザインに凹凸が多いと施工する面積が広くなり、外壁の量や足場のコストもアップするため建築費用が高くなります。

家の費用が大きく変わるのは、外からの見た目の部分が多いため、住みやすさを重視するなら出来るだけコストの低い箱型で屋根は切妻屋根が良いでしょう。

坪単価で比べる前にまずはご相談ください。

坪単価はあくまでも参考価格です。あなたの理想や予算に合わせて家を建てるのが注文住宅です。限られた予算で納得できる家づくりをお手伝いしますので、お気軽にご相談ください。

ちゅらきやホームへお問合せ

沖縄県南部での木造住宅、注文住宅のご相談はお電話とメールフォームで受付しております。
プロによるご提案であなたの幸せな家づくりのお手伝いができます。お気軽にお問い合わせください。

■連絡先 TEL098-946-3115/FAX098-946-9064
※現場に出ている事が多いので、メールフォームからお問合せください。
■会社住所:与那原町字与那原2947-1
■営業時間9:00~18:00 定休日:土・日・祝祭日(メールフォームは受付可)
■代表取締役 平田勝

タイトルとURLをコピーしました